コラム

  1. HOME
  2. コラム
  3. 防水試験器の限界・・・(見習い日記50)

防水試験器の限界・・・(見習い日記50)

こんにちは。

コンタです。

今回も引き続き、防水試験器のお話です。

最近は時計の大型化が進み、防水試験器に

納まらない時計が増えております。

ボクの短いキャリアではありますが、

この時計が防水試験器の限界と思われます。

2013081602.JPG

ニクソンから出ている『51-30』です。

その名の通り、ケース径が51mm、バンド幅が30mmの

時計です。

2013081601.JPG

リューズ及びボタン位置を正確に位置決めを

しなくてはなりません。

この時計よりも大きな時計も発売されているので

そんな時計はメーカーでの対応になります。

※ニクソンの51-30は300m防水の時計ですが

お客様より20気圧防水試験及び電池交換を

ご依頼された時計です。

記事一覧に戻る